これぞ 『 龍 』

2018-12-13 12:00
今まで見た龍の絵の中で私が一番衝撃を受けたものです。それがこちら。



なんという軟体動物観。龍という生き物の威厳を感じさせない斬新さ。
これぞまさに幻の生物というもの。
こういう絵って、真似して描こうと思っても逆に描けないんですよ。ある種のセンスが必要なんです。

その他の作品もとても一般人には醸し出せない味があります。


※ こちらは右から『 モアイ 』『 モアイ 』 『 ひょっとこ 』

ひょっとこのとんがってるところは鼻ではないそうですが、では何ぞと問うても 「 鼻ではない何か 」という答えでございました。マジか。

かおつく画伯 :: 画